シャイニングボルトスロットマシン6.5

WHAT'S NEW

2023.02.14

【プロボノインタビュー】活動の周知とプロボノ応募者を増やせるような運用を

やまびこ部会

松谷 佳歩

プロジェクトとの出会い・きっかけについて

地域創生に関わる活動や仕事がしたいという目標 

私は、地元を離れて暮らし始めてから、地方と都市の差を身に染みて感じるようになり、その差をどうにかしたいと、地域創生に興味を持ち始めました。

地域創生についていろいろ調べたり、関連するグループに参加したりしていた今年の春頃、メンバーを募集していることを教えてもらったことがきっかけで「みんなのすながわプロジェクト」を知りました。その後、このプロジェクトを調べてみると地元である北海道で活動していること、子どもに関わる部会があることを知りました。私は学生時代にジュニアリーダー活動*をしていたので、その経験を活かして何か力になりたいと思いました。

また、将来的に地域創生に関わる活動や仕事がしたいと考えているため、今後に活かせることを学びたいという思いもあり、参加を決意しました。

*子ども会のキャンプやレクリエーション大会などの企画運営を行う活動


現在のプロボノ活動のこと

初めてのことに挑戦

もともとは子どもサポーター部会に入りたくて応募しましたが、参加当時に新たな部会として立ち上がったやまびこ部会で、主にSNS運用を担当しています。
本業であるWebメディア関係の業務は把握していますが、やまびこ部会は広報のようなポジションを担っており、ほとんどが初めてのことへの挑戦で、正直不安もありました。
しかし、活動の中でやまびこ部会のメンバーと意見を出し合ったり、改善点を考えたりしていくうちに楽しいと感じるようになり、今は大きなやりがいも感じています。


これからやりたいこと&メッセージ

活動の周知とプロボノ応募者を増やせるような運用を

現代はSNSでのPRが主流となっているため、SNSでいかに効率よく見ている人を惹きつけられるかが、運用の肝だと感じています。今後はみんなのすながわプロジェクトの活動をより広く周知させ、プロボノに応募してくれる方を増やせるようなSNS運用をしていくことが目標です。

自分の能力や経験を発揮させたいと考えている方はもちろんですが、プラスアルファで得られるものも大きいので、少しでもプロボノに興味を持った方はぜひ応募していただきたいです!


PROFILE

Webメディアにて編集を担当。趣味は旅行、カフェ巡り、Instagramで猫の動画を観ること。休日は主に夫と買い物や外食を楽しむ。


プロボノメンバーのすべてのインタビューはこちら

TAGS

SHARE