シャイニングボルトスロットマシン6.5

WHAT'S NEW

2023.02.03

【プロボノインタビュー】ひとりでも多くの人に広めていきたい

映像部会

曽根 健吾

プロジェクトとの出会い・きっかけについて

まちづくりの中で自分の好きなことを

みんなのすながわプロジェクトを知ったのは、映像部会代表の髙間さんに「おもしろいプロジェクトがあるよ」と誘われたことがきっかけです。
自分の好きなことでまちづくりに参加できるので、写真や映像を通してプロジェクトの活動やプロボノメンバーの様子などを伝えられると思い、参加しました。


現在のプロボノ活動のこと

プロジェクトに参加して木や自然への関心が高まりました

主にプロジェクトのワークショップやイベントの様子を撮影しています。
また、「みんなの工場」の建設に使われている木を切るところから撮影するなど、少しずつ工場ができあがっていく様子を伝える活動もしています。

このプロジェクトに参加して木や自然への関心が高まりました。木こりの皆さんとともに森や山と向き合い、森を守るために間伐したカラマツの木を工場の外壁に使用していることや、未来のために木を育てる「たねワークショップ」などの撮影をしたことが、興味を持つきっかけとなりました。


これからやりたいこと&メッセージ

ひとりでも多くの人に広めていきたい

これからも、写真や映像を通して、みんなのすながわプロジェクトをひとりでも多くの人に広めていきたいです。自分の好きなことを活かしてまちづくりに参加できるプロジェクトなので、興味がある方はぜひ参加してみてください!


PROFILE

専門学校卒業後、映像制作や広告の写真スタジオに勤務し、2019年monocyteに入社。写真撮影や映像制作を手掛ける。趣味は釣り、温泉。休日は出かけることが多く、釣りやサウナを楽しんでいる。


プロボノメンバーのすべてのインタビューはこちら

TAGS

SHARE