シャイニングボルトスロットマシン6.5

 
みんなのすながわプロジェクトについて。

ABOUT

わたしがつくるみんなの砂川

プロジェクト信念

誰も何も排除しないまちづくり。
みんなで作るまちづくり。
誰もが見てわかるまちづくり。
地産地消のまちづくり。
育てて地元に渡すまちづくり。
思いや考えを言ってみたくなるまちづくり。
誰でもできるまちづくり。
持続可能なまちづくり。

みんなのすながわプロジェクトについて。

 1989 年に砂川の地に生まれたシロ(元ローレル)は、30年以上の時間を経て、このたび砂川に新たな工場を作ります。敷地内には、工場だけでなく店舗やカフェに加え、砂川の子供たちに向けたアスレチックや職業体験なども検討しています。シロを育てていただいた砂川の皆さまに集い愛していただける場所に育てていきたいと考えています。またこの場所だけでなく、砂川のまちが今以上により良くなるための試みにも挑戦します。「子供たちが未来に希望をもてる砂川」や「市民の皆さんが誇りをもてる砂川」を目指し、同じこころざしをもつ市民の方々と『みんなのすながわプロジェクト』をスタートさせます。

みんなのすながわプロジェクトについて。

地域説明会の動画

ご来場いただいた方、ライブ配信にご参加いただいた方、ありがとうございます。6月27日(日)に開催いたしました、地域説明会の様子はこちらからも確認できますので、ぜひ御覧ください。 

シロの想い

砂川市と子供たちに向けてきた目線は、今も昔も変わっていません。

ものづくり学校

ものづくり学校

ものづくりの楽しさを知っていただくために、2006年にスタートした事業です。1回の気軽なコースから、実際に販売する製品づくりができる本格的なコースまでを用意。バスソルトやポプリなど生徒の皆さんと一緒に自分だけのオリジナル製品をつくりました。

すながわジャリボリー

すながわジャリボリー

「子供たちが社会に出て働くことを夢見て欲しい」という想いを元に始まったのが、「すながわジャリボリー」。地元の学校や団体にお力添えをいただきながら、ものづくり体験や飲食ブース、ステージイベントを行いました。次世代を担う子どものため、地域のみなさんに感謝を伝えるための取り組みとして2019年の10回目まで継続していました。

新工場について

感性を育てる感動体験の場。

SHIRO工場のリニューアル予定地は、「江陽小学校跡地」。以前は子供たちが学び、遊び、笑顔が溢れていた土地です。そんな土地だったからこそ、再び子供たちの笑顔があふれる場所にしたいと考えています。美しく雄大な山を背負った広大な大地を、自然や人との交わりから生まれる驚きと発見に溢れた感性を育てる感動体験の場に。そんな経験が出来る場を創造し、提供します。

新工場について

ファクトリー

シロを知る、五感で感じられるミュージアム。
( 製造体験 / 工場見学 )

カフェ

食べる喜びや楽しみをより深く体験できる。
( フードファーム / カフェテリア )

ショップ

プロダクトを支える生産農家の思いを知る。
( アウトレット / マルシェ )

コミュニティー

地域と交わりながら、学びを楽しむ。
( お仕事体験 / 放課後学校 )